Menu

Memo

メモ一覧はこちらから

Home   Memo   20190607
20190607

季節はずれのバレンタインとツイキャス。

レシオPです。こんにちは。
6月4日に新曲「BITTER SWEET LOVE」という曲を投稿したので日記を書いておきたいと思います。

6月だというのにバレンタインソングをお披露目するのは違和感しかなかったのですが、今年1月にはすでに仕上がってたので単純に投稿が出来なかったという理由でこのタイミングでした。

歌詞の内容としては「実らない初恋」になってしまっているのですが、主人公の前向きな姿勢を表現したかったので明るくポップに仕上げてます。軽快なギターも弾いてみたのでバンドアレンジっぽくしました。いかがだったでしょうか。

イラストと動画

MVのイラストと動画編集は藍瀬まなみさんに担当して頂きました。他の作品でも動画編集でお世話になっているので久しぶりな感じではなかったのですが、イラストと動画の両方を担当してもらうのは処女作以来、、、そう考えると感慨深く思えました。

処女作とバレンタイン曲は別物として制作していましたが、藍瀬さんの粋な "はからい" と "アイデア" で「Nobody Knows My Name」と「BITTER SWEET LOVE」は同じ世界のお話となってます。

これが処女作の「Nobody Knows My Name」です。
「Nobody Knows My Name」はネット依存の女の子がゲームで知り合った異性に恋をするというお話ですが、恋をした相手は同じ学校の男の子だった、、、というオチになっています(藍瀬さんは僕に許可なくこういうオチにしちゃうんです。自由人笑)
んで、対する「BITTER SWEET LOVE」は先ほど登場した男の子の幼馴染(女の子)が主人公という設定です。つまり、登場人物は全て同じ学校というわけですな。なんと世間は狭いんでしょうか。

「BITTER SWEET LOVE」は幼馴染に恋するも、結局実らないような結末になっています。ですが、後悔のないよう自分を奮い立たせて告白を決断するというお話にしました。内容が内容なだけに暗い曲にしてしまうと悲しいだけの曲になってしまうので、全体的にポップな仕上がりを心掛けました。

しかしあれですね、イケメンは結局モテるんですね。自分が作った曲とは言え、こうもモテ過ぎる男は許せなかったりします。もしこの2曲に続く3作目があるのならば、イケメンなこの男の子に人生の厳しさを教えてやろうと思いました笑


ほそみちさんとのツイキャス

あとこれも書いておきたい。

普段、とても仲良くさせて頂いてるボカロPのおくのほそみちさんと「BITTER SWEET LOVE」の投稿日にツイキャスでおしゃべりをしました。僕の新曲や過去の曲に触れてもらって、改めて紹介する機会をもらえたのが凄く嬉しかったなぁ。ほそみちさんがナチュラルに面白い人なので、色んなクリエイターさんやリスナーさんがコメントくれたりと楽しかったです。

アーカイブが残ってるうちは聞けるかも知れないです。良かったらどうぞ。

実際しゃべってみたら結構難しくて、自分の話をしながらコメントを拾うことが出来ないんですよね(笑)もっと拾ってワイワイやりたかったんですよー。そして言い忘れてましたが自分、滑舌が悪いんで後から聞くとやっぱり聞き取りにくいですね、、、悲しい(笑)

だけど、あーやって音声で何かを伝えるのはやっぱりいいなーって思いました。今後何か大きな告知をする時は自分も考えてみたいと思います。色んなクリエイターさんと話せたらいいね。

そんなわけで、季節はずれのバレンタインソングとツイキャスの感想でした。

今月も来月もまだまだ投稿する曲があるのでぜひ聴いてやってください。
宜しくお願いします!
メモ一覧へ
iTunesにて配信中です!